憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

人はなぜ「人工知能に自我が芽生える」と思ってしまうのか

ビジネス

人はなぜ「人工知能に自我が芽生える」と思ってしまうのか
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

●「チューリングテスト」と「中国語の部屋」

 「機械を人間のように錯覚する勘違い」に対する取り組みと批判は、実は古くからあります。1950年にはアラン・チューリングが「Computing Machinery and Intelligence(計算する機械と知性)」という論文の中で、「機械は人間のように思考できるのか」(機械に知能があるのか)を判定するためのテスト(チューリングテスト)を提案します。

 テストの内容は極めて単純。審査員が、隔離された部屋にいる人間と機械に対して、それぞれ会話を5分間行います。会話を通じて、機械と人間との確実な区別ができなかった場合、機械はテストに合格し、人間と同じように思考できたことにする、というものです。

 つまり、チューリングは「機械は思考できるのか」という問題を「機械は(動作を除いて)人間と同じことをできるのか」という問題に代替したのです。

 そのため、チューリングテストでは、人間も機械も“人間らしく”振る舞います。機械は「人間だと思われるフリ」をしますし、人間は「本当に人間だと信じてもらおう」とします。とはいえ、声色の差で機械だと見抜かれては意味がないので、あくまで、会話は文字のみとなります。まさに検証環境はチャットボットと似ていますよね。

 2014年には、英国で開催されたイベントで、13歳の少年であるユージーン・グーツマン君が審査員の33%に「人間」だと判定され、チューリングテストとしては初めて合格しました(30%以上で合格)。もちろんユージーン君は人工知能のプログラムです。

 この検証に対して、真っ向から反論したのが、米国の哲学者ジョン・サールです。彼は「機械は知能があるかのように受け答えをしているが、意味を理解せずに答えているだけなので、知能があるとは言えない」として「中国語の部屋」という思考実験を提唱しました。その内容はこうです。

 仮に、英語しか理解できない人間が部屋にいるとします。部屋には、英語しか理解できない人でも、中国語で受け答えができてしまう完璧な説明書があります。では、部屋の外から中国語で質問を投げかけ、その説明書を見ながら中国語で返答した場合、その意味は分かっていなくても解答をするのは思考をしているといえるのか? という反論です。

 これはもっともな指摘かもしれませんが、そもそも人間同士ですら、相手が内容を理解していることを証明できないのに、対人工知能の思考実験とはいえ、細かく条件を設定した上で「ほら、意味が分かってない!」と決めつけるのは、大人げない感じもします。

 そして、繰り返しになりますが、コミュニケーションを成立させるのは受け手です。内容を理解しているかにかかわらず、受け手が知覚して、コミュニケーションが成立していると感じれば成功なのです。機械に人間レベルの知性があるかのように(自我があるかのように)錯覚する問題の難しいところは「コミュニケーションの成立が1人で証明できない以上、自我が証明できるのか」という点ではないでしょうか。

●機械に「自我」があることは証明できるのか?

 あらためて、自我というのは自己意識、つまり、自分が認識する自分のことです。まさに、「我思う故に我あり」というところでしょう。

 それでは、隣の席にいる同僚の「自我」は証明できるでしょうか。普段会話している同僚は自分と同じ人間だから、同じく自我があると勘違いしているだけかもしれません。もう一度、隣を振り返ってみてください。おや、同僚の顔の皮膚がはだけて、そこから機械のようなシルバーグレイの鋼鉄が見えていませんか……?

 私の祖母は認知症にかかり、晩年は私のことも含めて、ほとんどのことを忘れてしまいました。それでも毎日、食事をし、決まった時間に寝ています。生きているのです。私の知っていた祖母ではありませんが、祖母は存在しているわけです。

 こうした経験から、私は「自我」への見方が変わりました。自分に自我があるからといって、相手にも自我あるかどうかは、証明できないというのが私が下した結論です。ならば、目の前に対峙する人工知能もまた、自我があるかどうかは証明できないのではないでしょうか。

 私は「人工知能に自我なんて芽生えようがない!」と思っていますが、その証明は人間同様に難しく、哲学的な面もあります。少なくとも、現存する技術の延長では“不可能”と言っても過言ではないでしょう。

 人工知能の研究は、人間の研究でもあります。多くの技術者が否定をしても、人工知能に自我が芽生える可能性を感じてしまうのは、われわれ自身が人間のことをまだ理解しきれていない、という証明なのかもしれません。

【人工知能(AI)】の関連動画
↓   ↓   ↓   ↓

LINE_P2017710_155333_0.jpg

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
12
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

カテゴリー

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!