世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

外資金融出身の33歳を取締役に選んだ理由

ビジネス

外資金融出身の33歳を取締役に選んだ理由
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

外資金融出身の33歳

取締役に選ばれた理由

インターネット販売で業界に革新を起こしたライフネット生命は、2008年に産声をあげた。その創業者である出口治明氏が、今年6月の株主総会で会長を退任した。ライフネット生命は、出口氏が親子ほど年の離れた岩瀬大輔氏と2人で、戦後初めてゼロから立ち上げた生命保険会社だ。還暦を前に起業を決意し、二人三脚で同社を成長させてきた。が、出口氏は立ち上げから10年、古希を迎え、「先発完投をやめて、マウンドは若い世代に任せよう」と決意したと言う。そんな出口氏が、新たに取締役に指名したのが30代の若手2人。その心やいかに。指名されたうちの一人がゴールドマン・サックス証券出身の33歳、森亮介氏である。出口氏、森氏にそれぞれ話を聞いた。

■難しいディールを成功に導く「突破力」

――今回、まず33歳の森さんを取締役に選ばれた理由からお聞かせください。出口さんは本紙連載「悩み事の出口」で、求められる人材については「ゼネラリストではなくスペシャリスト」とおっしゃっていましたね。
【出口】「取締役」というのは、会社のリーダー、経営者ですよね。経営者に大事なのは、年齢に関係なく、きちんと仕事ができること。ベンチャー企業は山あり谷ありで、何が起こるか分かりません。当然、社員は不安です。だから「これだけ仕事ができるから、きっとこの人についていったらいい結果を出してくれる」と、みなから思われる人でなければなりません。

森君は、課題について解決策を見つけ、それを執行する能力が非常に高い。たとえばわが社は2015年にKDDIと資本・業務提携契約を締結しました。KDDIといえば、売り上げが何兆円もある巨大企業。こちらは100億円ですから、仰ぎ見るような相手です。そのような企業と折衝して、実際に交渉を上手にまとめる。交渉を進める上ではもちろん困難もありますが、なんとか解決策に落とし込む。その“突破力”は、見事なものです。

ベンチャー企業は単独では大きなことはできませんから、これからもいろんなところと協力していく必要があります。そういう意味では、きちっとディールをまとめる能力は、わが社にとってなくてはならないもの。それができる人の年齢を見たら、たまたま33歳だったということです。もちろん株主総会に提案し、株主の皆さんも納得して選んでくれた上で決まりました。

■信じて任せた以上は目をつぶり、何も言わない

――社員の方の平均年齢は、どれくらいですか?
【出口】30代後半です。当社は年功序列ではなく、定年もありません。年齢が高くて貫録があっても、何も意思決定できなかったり、部下を公平に見れなかったりする上司より、年齢が若くてもきちんと決めるべきことを決めてくれる上司のほうが、みんなが働きやすいでしょう。ただ僕は、上司も部下も組織を運営するための「機能」に過ぎないと思っているんです。チームで仕事を回すために、上司はたまたま上司の機能を割り当てられただけ。会社の役職は、別に人間として偉いわけでもなんでもないんです。森君は取締役としての「機能を果たせる人」だと思ったので、任せようと思いました。

――ご自身で創業した会社を後任の方に気持ちよく「任せる」ために必要なことは何でしょうか。また、出口さんの今後について教えてください。
【出口】僕の本、『任せ方の教科書』(角川書店)にも書いたのですが、信じて任せた以上は目をつぶり、何も言わないことに尽きると思います。僕はもう取締役を辞めたので、会社の経営にはタッチしませんし、聞かれない限り何も言わないと決めています。子育てと同じですよね。ただ、会社のPRや若手の育成はやったほうがいいと思いますので、これからも会社のPRのために、声がかかる間はどこへでも行って話しをするつもりです。それがライフネット生命の宣伝になると思って講演会のスケジュールを入れています。今日も確認したらかなり先までたくさん入っていました(笑)。マウンドは若い世代に任せて、コーチやバッティングピッチャーのように後陣に回り、チームを支えていきたい。

社内では、若手社員を中心に「出口塾」を続けていきます。選んだ本を読んでもらって、1時間半とか2時間、みんなでディスカッションする。去年から始めているのですが、やはり保険業界で50年近く生きてきた僕しか知らないこともありますので、僕自身が先輩に教えてもらったことを若い社員に伝えていき、保険についての知見をバトンタッチしていきたい。「次の世代にバトンを渡す」ということは、そういうことなのかな、と。

――森さんと初めて会った時の印象を覚えていらっしゃいますか?
【出口】よく覚えていますよ。えらいしっかりした奴が来てくれて、頼もしいなと思いました。初めから高い能力を活かして、フル回転してもらったと、感謝しています。

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
12
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

カテゴリー

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう